ドラゴンボールピッコロの強さと古川登志夫さんの関係、楽器の知名度をこえた??

アニメキャラクター
スポンサーリンク

大切な者を守る!ピッコロさん

ドラゴンボールのメインキャラクターの一人でありかつては敵でありながらもっとも他人への愛情をもつようになったキャラクター、それがピッコロさんではないでしょうか??かつては世界征服のために孫悟空と戦いラディッツと戦う際には悟空と共闘するなどストーリーを重ねるごとにピッコロそのものの性格が丸くなっているのが見れます、またピッコロの名シーンといえばナッパとの戦闘でエネルギー波を身をていして愛する愛弟子である悟飯の為に命をおとし、大切な者の為に涙を流すなどドラゴンボールの中でも屈指の名シーンとしてピッコロさんが描かれています。ピッコロそのものも戦士タイプのナメック星人であり、強さを求めて修行をくりかえし、敵があまりにも強い時にはナメック星人特有の「同化」(サイヤ人の変身に近い)し通常では考えられないパワーを仲間を守る為得てきました。漫画版のドラゴンボールでは完全体のセルに及ばない戦闘力でしたが、アニメドラゴンボール超ではアルティメット化した悟飯と戦えるレベルになっておりスーパーサイヤ人2に匹敵する戦闘力を自らの修行で獲得しています。

声優・古川登志夫さんとピッコロ

ピッコロの声優を担当している古川登志夫さんは自分が演じた強い男ランキングで第二位にピッコロをあげており(※一位は諸星あたる)ピッコロへの愛着が伺えます、またドラゴンボールでは戦闘シーンに激しくかげごえが要求されるため、収録現場にあったものの楽器などの名前を声のように叫んでいたことも有名(ピアノー!など)またピッコロの渋い声を演じるにあたって声を低くしなければならなかったため、「息を使って発声」するなどピッコロの渋さを上手く表現されていたようです、そうえいばピッコロの低い声ってよく聞いてみるとかなりトーンが低くく聞こえますね!

ピッコロと楽器

ピッコロは本来、音楽フルートの派生楽器であり、このドラゴンボールのキャラクターがもとになったのではありません、しかしジャンプ黄金時代と呼ばれていたドラゴンボールの人気は社会現象となっており(ジャンプ総投票1000票の内8割近くをドラゴンボールが獲得したのは有名)ストーリーのメインキャラクターの一人であったピッコロの知名度は音楽でしようされてたフルートの知名度を超えてしまい、「ピッコロ」といえばドラゴンボールのキャラクターという認識になってしまうほど、元の知名度をこえる人気になってしまった。

ピッコロは女性ファンも多く、その硬派なイメージから古川登志夫さんの名演もあり古く長くファンに支えられていますね。

コメント