ポケモン新作は2019年後半から開発者コメントからシステムを予想する

ゲーム
スポンサーリンク

ポケモン新作は2019年後半でスイッチで発売予定は確定?

ポケモンの最新作いわゆる第8世代は前作のポケットモンスターウルトラサン・ウルトラムーンが2017年の秋の終わりごろに発売したため、およそ2年越しに新作が発売される予定となっています。ゲームフリークがレッツゴーピカチュウ&イーブイの発表会に行われた質疑応答でハードはスイッチで出すと明言しておりました。

ついにポケモンが携帯機から離脱し完全な据え置き機に代わることからこれまで3DSなどに慣れしたんだ方にとってはスイッチに完全移行することは操作性や日ごろからプレイするためにかなり気になることなのではなでしょうか?

しかし発表会で石原氏は

現時点で内容についてお話しできることはできません。ただ、『ポケモン Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』は、(ニンテンドースイッチの)据え置き機としての楽しみかたをメインに作り上げましたが、完全新作では携帯機としての性質をより強化できるようなアイデアを取り入れていこうと考えています。

と述べています。つまり現在発売されているレッゴーピカチュウ&イーブイはどちらかといえば据え置き機としてメインの操作をしているのであって完全新作のポケットモンスター〇〇第8世代においては従来の3DSなどの携帯機の操作感やこれまでのポケモンをプレイしている「感覚」を損なわないようにかなり配慮されているのではないかと思われます。

気になる過去作との互換性は?

気になる過去作との互換性ですがスイッチと3DSには互換性は全くなく別ものといわれており、過去作のポケモンが連れてこれなくなる心配がありますがレッツゴーピカチュウ&イーブイでポケモンgoと転送ができていたり、ピカブイのグラフィックは3DSのグラフィックをより次世代機よりのものにしているため、完全に互換性が失われる可能性は低いのではないかと思われます。

これまで完全に互換性は切られていたゲームボーイのポケモン赤・緑や金・銀ではバーチャルコンソールで第7世代に転送ができるようになっており、このことを見ても技術的に互換が切られる可能性は限りなくなくなっているのではないでしょうか。

従来のポケモンのゲーム性は失わずより携帯機としての性質を強化できるようなアイデアということからスイッチ+スマホやスイッチ+過去のDSや3DS、スイッチ+ポケモンgo(モンスターボール)プラスとの連動が新しくリンクする可能性は大いにありそうですね!

コメント