山口達也メンバーと病気?アスペルガーと女子高生との事件の関係を考察する

スポンサーリンク

山口達也メンバーは「アスペルガー症候群」??

女子高生の強制わいせつ事件で問題となっている山口達也さんは古くから「アスペルガー症候群」との噂がささやかれています。

アスペルガー症候群とはアスペなどと呼ばれていますが空気が読めなかったりひとつのことに熱中しすぎてしまうなどの精神的な特徴があります。

有名なスポーツ選手であるイチローもアスペルガーと呼ばれておりストイックな考え方や練習が話題になっていましたね。

アスペルガー症候群の症状のめり込み体質と依存

アスペルガー症候群はひとつのことに熱中しすぎてしまうことでもその症状が問題になっていますが今回の事件でいえば症候群から周りの忠告などを聞かず酒に溺れてしまった。精神的な安定を図るためにどんどんと依存してしまったのでは?

またアスペルガー症候群は当事者に孤立感を感じさせてしまい、そこから寂しさを感じてしまった、自分と他者をわけて考えることができず同じような考えだと思ってしまった可能性も、会見では「もしにTOKIOとして戻れる場所があるならば…」という言葉の背景にも症候群の症状で依存してしまう考えがとっさにでてしまったのではないか?と考えます。

真偽は定かではありませんが山口達也さんの回復を望んでいます。

社会芸能
スポンサーリンク
comoruをフォローする
スポンサーリンク
こもこもる。

コメント