漫画で見る米津玄師ブレイクまでハチからレモンヒットまでの苦悩

米津玄師
スポンサーリンク

米津さんの音楽を始めるきっかけとブレイクまでの流れ

連載終了漫画家:徳永サトシさんがわかりやすく米津さんの音楽に興味をもったきっかけからレモンの世界的ヒットまでをわかりやすく漫画調でブレイクまでの軌跡を作ってくれている動画です。

米津さんも幼少から漫画やアニメが大好きで、それを物語として形にできることに強く趣を感じられていたようですね!

バンプオブチキンの歌詞が映像としてイメージできるということからその幼少から文字を自分の脳内に鮮明にイメージできる感性があったのではないでしょうか??

中学の頃からバンド活動をし始めますが、そこで米津さんの悩みとなる「楽しくない」という感覚、それは長年にわたって続いてしまいます。

自分の感情がリアルにおいついていない状態で、一人でハチとして、動画制作を行いミリオンヒットを連発しますが、初めて人と関わり、CDをリリースしたことの結果が納得いくものではなく、米津さんも「ニコニコ動画だけでしか通じないのか」と思われたようです。

しかし米津玄師として本名で活動し、アイネクライネやルーザー、そして最もヒットしたと曲のひとつであるLemonとなりますが、米津さんは「自分をだましきることに成功した」といわれているようです。

そして動画内では、生きることなんか大したことでないそれを俺が伝えたい、とも言われています。

リアルに米津さんをもってしても、リアルと自分の抱いている感情に軋轢を感じ、だましきるという表現が、現実を受け止めきることがやはり至難だが、自分の気持ちをもつことすら許されない人たちがいるリアルを米津さんは救おうとしているように感じますね。

だましきるという表現が現在も米津さんが抱いているのかかなり気になるところですが米津さんは今どこを見て、どこまで到達し、どこに向かっていくのか、少なくともこれだけ日本に限らず、世界の人の心に染みわたる米津さんの抱いているものや苦悩は人が本当にみるべきものなのかもしれませんね。

/////////////////////////////////////////
初心者でも安心のサポート!アフィリエイトを始めるならA8.net
ブログを書いて楽しく報酬(紹介料)を得ませんか?
ブログに広告の素材をペーストして気に入ってくれた読者の方が登録や購入してくれると広告主から登録数の数だけ報酬が発生します。
もっているブログのURLや2~3分の登録で簡単に行えます!
米津玄師
スポンサーリンク
comoruをフォローする
スポンサーリンク
こもこもる。

コメント