あいみょん「一人」の期間が教えてくれたこと二分間のインタビュー

社会
スポンサーリンク

米津さんとあいみょんから生まれてくるワードに「一人」という共通のものがありますが、あいみょんも高校生時代孤独な時期を味わい、人そのものについて深く考える時間があったようです。

あいみょんの歌詞には「どうしてそんなことまでわかるの!?」といった深いメッセージ性があり、あいみょんの歌が人気の理由にもなっています。

米津さんは「音楽性が周りと合わず孤独になった」

あいみょんは「どこまでが友達で友達じゃないかそれが一気に減った」

繊細な時期に人間の本質を考えさせる、普段は「友達」と思える人が本当は信じていた本質のものではなかった、米津さんとあいみょんが孤独の時間の中で探していたものかもしれませんね!

二分間の短いインタビュー動画ですかあいみょんの本質となった過去を知る内容になっています!

社会
comoruをフォローする
スポンサーリンク
こもこもる。

コメント