スマホ「ながら運転」罰則強化具体的にどこまでがアウトなのか?

社会
スポンサーリンク

スマホのながら運転が2019年12月1日より厳罰化しました。かねてよりスマホのながら運転による事故が増加していましたが日に日にニュースに取り上げられるようなあおり運転や危険運転からついにスマホのながら運転も厳罰化することになりました。

ではスマホのながら運転をすると具体的にどんな罰を受けるのでしょうか??

罰則などの強化について

1.罰則等(令和元年12月1日施行)
(1) 携帯電話使用等(交通の危険)
罰  則 1年以下の懲役又は30万円以下の罰金
反 則 金 適用なし
基礎点数 6点
(2) 携帯電話使用等(保持)
罰  則 6月以下の懲役又は10万円以下の罰金
反 則 金 大型車2万5千円、普通車1万8千円、二輪車1万5千円、原付車1万2千円
基礎点数 3点

2.罰則等(令和元年11月30日まで)
(1) 携帯電話使用等(交通の危険)
罰  則 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
反 則 金  大型車1万2千円、普通車9千円、二輪車7千円、原付車6千円
基礎点数 2点
(2) 携帯電話使用等(保持)
罰  則 5万円以下の罰金
反 則 金  大型車7千円、普通車6千円、二輪車6千円、原付車5千円
基礎点数 1点

警視庁HP

改正後と改正前では主に走行中の罰則が強化され、反則金がなくなった代わりに、基礎点数が6点にまで引き上げられました、つまり検挙されれば6点減点となり免停期間30日が適応されるようになるということですね…ちょっと怖いですね。

そして走行中にスマホを保持している場合の反則金と基礎点数に関しても大きく引き上げられました。

どこまでがながら運転?走行中・停車中の違い

道路交通法には「自動車などが停車している場合を除き」と記されており

専ら走行中に少しでもスマホを扱っていると検挙の可能性が高いということになります。しかし赤信号で停車中などで青信号になっても進まなかったり急発進してしまうと今度は「安全運転義務違反」が適応されるので少しの停車中でも触らない方が無難と言えますね。

具体的に走行中の通話は完全にアウトそしてスマホをカーナビ代わりにして画面注視しているとこれもアウトとなります。その基準は警察官の解釈によって違ってきますが、なかにはノルマの為に取りしまろうとする警察官もいるかもしれないのでやはりスマホを運転中に使用しないそもそも触れないようにすることが安全を守るために必須と言えそうですね。

私も停車中に通知をチェックしたりすることがよくあったので走行中はカバンの中に入れておいたりスマホの電源を切っておこうと思います。

明日は我が身にならぬよう…気を付けたいですね。

社会
comoruをフォローする
スポンサーリンク
こもこもる。

コメント