スクールカーストの日本のピラミッド一軍のいじめから身を守る方法

スポンサーリンク

スクールカーストとは?


スクールカーストとはピラミッドのように上から一軍・二軍・三軍となっていて化粧や女らしさ、コミニュケーション能力が高い一軍、スポーツや勉強ができる二軍、そしておとなしかったり地味なコミニュケーション能力があまり高くない三軍に分けられる。

スクールカーストでは主にコミニュケーション能力の差から三軍のスクールカーストにいる人らが被害者になりやすいと思われる。
私もそうだったので強く主張したいが幼い頃からネガティブな感情を植え付けられると大人になってもそれを払拭することがかなり困難になるので必ず自分の身を守ることを最優先に考えることを伝えたい!

スクールカーストの加害者に立ち向かい身を守る!

スクールカーストの図式にもあるようにいじめは4階層からなっている
・いじめる人(加害者)
・いじめられる人(被害者)
・いじめをはやしたてる人
・見て見ぬふりをする人

スポンサーリンク

幼少の頃に本当に恐ろしいのはいじめられてる人にとっては周り全てが自分をいじめている嫌っているように感じることだ、また学校では友人関係や「居場所」そのものが全てといっても過言ではなくそこから外れることを最も恐れてしまうのがいじめている人にとって反抗を許さないでしまっている原因ではなかろうか?

また親に心配をかけないようにずっと耐えてしまっているかもしれないがそんな辛い思いは絶対にしてはいけない!
私は親すらも守ってはくれなかったのでいじめられる為に学校にいっていたようなものだがいじめられる為に親の為に学校なんて絶対にいかなくていい、いじめがあるのに学校を卒業させるかは教師にも責任があることだ。
また教師にもいじめを放っておく、助長させるタイプ、教師自身がいじめるタイプがいるが絶対に受け入れてはならない。

最後の最後は自分の力を頼るしかない

最終的に自分の力でお金を稼いで生きていくことが人生に大切になってくる、その為に幼少の頃に助けてくれない親や教師、いじめる人らに心をつぶされては絶対にならない、またいじめた相手には高確率で将来自分の子供がいじめられたり、いじめた相手そのものに報復を受けることも珍しくないし私も行為を否定しない。

またこれだけはいえるのはスクールカーストにおいて一軍だから偉いとか三軍だから悪いのでは絶対にないということだ、全ては経験で変わる、男も女も自分のしたことは必ず自分に跳ね返ってくる。

いじめた相手は将来いじめられたり何らかで苦悩するしいじめをはやしたてる人は今度は自分がターゲットになったときにはやしたてる人の冷たさにさらされることになる。

必ず自分で自分の身を守ることだ!

自分の守られるべき心が生きるための全てといってもいい!いじめた相手は報復されるものでもあるしそれが将来に問題が起こる可能性を忘れてはならないからだ、本当に自分のことを心配してくれる存在の所で時間を過ごそう。

それは必ずしも親や教師とはわからない、自分の感覚を信じ心を守って欲しい。

社会
スポンサーリンク
comoruをフォローする
スポンサーリンク
こもこもる。

コメント