林修の初耳学「正しい努力は裏切らない」頑張ることの本当の意味

ユーズフル
スポンサーリンク

林修の授業 努力することの本当の意味


林修の出演番組あすなろラボで努力することの意味の持論を展開されていました。ただやみくもに努力するだけは結果は実ることはない。

努力することで

・正しい方向で

・十分な量をなされた

努力は裏切らない、好きなことは趣味でやればいい、仕事はお金をもらってやることお金を払ってくれる人に対して責任をとれるか?社会や両親の育てかたが不十分だったりして生徒のようにおちこぼれのようにいわれてしまう青年たちが林先生の話に真剣に耳を傾ている姿がとても印象的ですね。この動画をみていると青年たちが親や社会にやる気をそがれて無気力に生き、どこか居場所のないまま育ってしまったように感じてしまいますね…

もうひとつの動画では子育てに関する授業をしているにも関わらず「正論過ぎて耳に入らない」という母親たちがいる動画がありますが、こういった親たちが子供をダメにしてしまっているような気がしますね…こんなに真剣に耳を傾ける青年たちと、まちがいを親の為に話してくれているのに全く受け付ける態度にもならない母親たち、コメント欄にも多くあるように林修のような先生がいてくれたらというのも本当にうなずけますね。

頑張ることの本当の意味

(サムネイルが似ていますが別の動画です。)あわせてこちらも見てみて下さい。頑張ることの意味について受験などで最後の一か月頑張ることで「一か月も頑張れない奴」と感じて生きていくのか?それとも一月頑張ることで1年、10年、一生と継続する自信を持つことができる。上の正しい努力は裏切らないと合わせてみると正しい方向で努力して最初はまず一月、そしてその頑張りを継続していける人は限りなく成功すると林先生は伝えてくれているのではないでしょうか??

確かにだらけて生きていて最初の頃は努力するのにもしんどさがつきまといますが努力やそれを意識して継続するだけで自分の思考や余分な部分がいい意味で削られてくる実感が身についてくると思います。この時に周りからバカにされたり無理だとわらわれたりすることが邪魔してしまいますが、他人と自分を分ける自分がめざす自分になるために必要な過程と受け止められれば充実した生き方になるのかなぁと思います。

この授業をみてもおちこぼれといわれてしまう生徒たちが真剣なまなざしで授業を聞いているのがとても印象的ですね。

ユーズフル社会
スポンサーリンク
comoruをフォローする
スポンサーリンク
こもこもる。

コメント