日本人は本当に陰湿で嫌い?いじめ大国といわれる理由と生の声をまとめてみた!

社会
スポンサーリンク

なぜ日本はいじめ大国といわれるのか?

日本のいじめや差別はその他諸国と比べて異様な雰囲気を出しているといわれています。海外に住んでいた人の声によれば世界の中でも日本は異常にいじめが目立ちすぎる、そして陰湿だと言わざるを得ません。

とあるブログでは「いじめは快楽である 人の痛みや苦労を知らないから平気で酷いことや乱暴なことができる」とありました。

中でもいじめは国が公認したストレス解消セラピーにでもなっているかのようとコメントしている方もおりその理由として

・欧米とは反対に先輩・後輩などの上下関係が存在する。

・狭い国土に沢山の人間が競い合っているので余裕がなくなる。

・個人主義ではなく全体と平均を意識している国なのでその枠から外れている人は攻撃してもいいという錯覚に見舞われる。


そしてこれらの意見に対する回答で興味深いコメントがありました。

個性のない、集団の和を大事にする国民が、中途半端に欧米化し、個性を認める方向に向かったからだと思います。

欧米の方々は、低年齢から、個性を主張するに値する、自分のポリシーや主義を持っている様に思います。(あくまで印象ですが)

それに対して、なんとなく自分の意思ではなく、みんなと同じが落ちつく、主義主張の少ないのが日本の子供です。

もとからそういう国民性なのに、個性を活かすためにと制服を廃止にしたり、中途半端な自由を認めるからではないかと思います。

個性は、それなりに考え学び、主義主張を言える人間にのみに与えられる物で、何の主張もない人間に対して与えても、勝手気ままに過ごすだけなのです。

自由は義務の上に成り立ち、その上に個性があるという事を理解出来ない日本の子供に、個性重視の教育をする前に、個性を主張するための義務をしっかり教えるべきなのです。

それが、しつけと学習なのだと思います。

つまり今の日本ではき違えている言論の自由などは本来自分の価値観や主義や主張をもっているものが個性として与えられているのであって日本は自分の考えもないのになんでもかんでも言いたい放題主張していいと勘違いしている人が多くなっていると考えればうなづけますね。

ですから異様に恐縮したり何かのコミュニティで「人権」を得た、発言権がないなどと毎回のようにいわれるのだと思いますね。

しまいには、いじめられる方にも原因がある、ですからね・・・。最近はやったもの勝ち、できさえすればそれでよい、などの短絡的な考えが横行しすぎです。正義はどこにいってしまったのでしょうか。

 

日本人だけど日本人が嫌いです。嘘つきで陰湿でうじうじしていて気持ち悪い。自分で物事を考えられない。目上の人に忠実でロボットのよう。

 

・人間味がなくて悪い意味で近代的な感じの人が多い(なんといってもこれでしょうね。今の日本人の特徴は)

・情とか思いやりのある人が少ない

・苦労とか人の傷みを知ってる人が少ない

・怒るべきときに怒らない(外国みたいな大規模なデモや政府に対する暴動を起こしたりしない)

・判断力が劣っている

・そして いじめを好む人が多い

日本のいじめは極めて陰湿で日本人には普通でもない、嫌な人が多いということです。中にいるいい人はかなり少ないですがいい人や優しい人を守り輪になり嫌な人に対応する必要があると強く思います。いじめと差別は絶対に許してはならない、正面切って向かい合わないような陰湿で陰気なやり方は決して許されてはならないものだと思います。

社会
スポンサーリンク
comoruをフォローする
スポンサーリンク
こもこもる。

コメント