公立中学なぜいじめ多く荒れてるのか?私立中学に転校すれば安心?

社会

公立中学はなぜいじめが多く荒れているのか?

公立中学のいじめってとても多く荒れている印象がありますよね。

私も中学時代の生々しい感情が行き来する環境やいじめにやられ、後の人生にも悪い影響を及ぼしたのはこの時期でした。

なぜこんなにも公立中学はいじめが多く荒れているのでしょうか?

その理由と解決策を考えてみました。

公立中学はエリートからDQNまでが入り混じる混合玉石の環境、そして…

公立の小学校・中学校の最大の問題点それは

「公立」学校であり「誰でも入れる」こと

公立学校の何が問題なのかというと

学校側から生徒を【退学】にすることができないということです。

後述していますが私立中学はいじめや問題行動を起こした生徒を【退学】する権限を持っています。

しかし公立中学はそれができないだけでなく【誰でも入れる】のです。

この危険性を説明すると《まとも》な人だけでなく将来【塀の中】【そちら側】の人たちも紛れ込んでいる環境が公立中学の罠といえるのです。

私は中学で荒れた厳しい環境に身をおいて高校に進学した時に嫌らしい人はいても【いじめ】がないことに安心し平和に暮らせたことに驚いた記憶が今も残っています。

このことを解説すると

公立小学・中学校は誰でも入れる【犯〇者】まがいな人も紛れていてかつ情緒が乱れている

高校は受験で【ふるい】にかけられる為、中学にいた粗悪な学生が淘汰される

このようなしかけが隠されていると私は考えています。

公立中学のいじめから回避する方法

こちらも参考にして頂きたいですが発達障害の方がいじめに苦しんでいる中【私立中学】に進学するといじめがなく元々勉強ができた為にもてはやされたという環境が違えばこれほどまで住みやすくなるという実例があります。

また経済的に公立中学へ行かざるを得ない場合はいじめの証拠を残し

・弁護士

・警察への被害届

を介入し訴えることは子供を守る最終的にかつ必須の行いだと私は思います。

また現代の日本では被害者を守る側の学校が公にしようとせず隠ぺいやうやむやにしようとして被害者だけが辛い思いをしていることも現実としてあり、弁護士や警察を介入することで被害者側の主張を認めさせることも非常に有力だと考えます。

ただやられるだけでなく、やり返すことも私は必要だと考えていて、世の中には話が通じない、なめている相手には何をしてもいいと考える程度の低い人もいるということを忘れてはならないと思います。

陰湿ないじめを根絶し子供を守る為にもぜひとも自衛の方法を知っておきたいですね。