女という生き物が嫌い、女の人を嫌いになる男が増えている理由は

恋愛
スポンサーリンク

近年、女が嫌いな男性が増えている

近年、女性が嫌いな男性が増えています。

その理由はなんでしょうか?

かくいう私も『女の人って口だけで受け身で、ズルいな…』

と思っていました、結婚率も年々低下し、恋愛に全く触れない草食系男子ではなく『絶食系男子』なるものも増えています。

なぜここまで恋愛離れ、女性嫌いが増えてきたのでしょうか?

男女平等による男性への極端な負担や規制

まず一つに男女平等を社会化したことによる、女性の権利の肥大化が一つの大きい点ではないでしょうか

この男女平等が本当に完全な『男女平等』ならいいですが実際の所は女性の不満がある所は男と対等にして女性の権利はそのまま

そしてそれを当然のように主張する女性が多い所ではないでしょうか

例えば『男性の方が給料が高いのは男女差別!女性も同じにするべき!』

と主張する反面『デートは男が女におごって当然、面白くない、つまらない男はイヤ』

とこんな感じに男女平等とは名ばかりでもっと女性を優遇して責任や負担になるようなことはこれまで通り男がやってよね

とこれが現在の女性たちの考えてる所ではないでしょうか、その上、ある恋愛相談にもあったように

『年収・顔・仕事全て完璧なんだけど、会話がつまらない、どうしたらいいですか?』

とこれだけスペックが高い男性に対して、まだ要求して、自分から『面白い話をしよう!』『一緒に盛り上げよう!』という思いやりのある考えをもつ女性が少なく、根っこから他力本願的な考えの女性が多くなった

相手に求めるだけで思いやりのない女性が増えた

ことが恋愛離れ、生涯未婚率が増加した理由の一つだと思われます。

また女性にとって正論は通じず、どんなに事実を捻じ曲げても自分は悪くない、相手が悪いと、男なら何か喧嘩をしてもどちらかが双方折り合いをつけることでしこりなく終わるケースも多い

が相手が譲っても徹底的に叩き続ける、根に持ち続ける性分が多いのも

男性が『女性と付き合うのは怖い』

と思う原因になっているのではないでしょうか

また結婚後も「旦那の悪口で盛り上がる」「嫁が文句ばかり」とGoogle検索でも男性側は

「妻 幸せにする方法」「妻 喜ばせるには」

などのポジティブで思いやりのある検索が予測検索にでるほどですが

反面女性は「旦那 タヒんで欲しい」「旦那 嫌い」などのこれでもかというほどネガティブな予測検索が出てきます。

しかし逆を返せば、思いやりのある女性が増えれば男性もこれまで以上に積極的に恋愛をするようになるのではないでしょうか

何かあるとすぐに噛みつき、規制し、潔癖な社会を求め、実現してきたように思いますが、男女平等が受け入れられている現在、今度は女性から思いやりをもとうとする必要もあると思いますが、いかがでしょうか